事業内容

コムニカチオの理念・想い


・コミュニケーションの語源はラテン語の「Communicacio」 
 元の意味は「分かち合うこと・共有すること」

・語学学習では、「どのように伝えるか」という一方的な言語活動に主眼を 
 置く傾向がありますが、コミュニケーションとは「お互いが等しく情報を
 共有するために努力すること」 であると考えます。

・情報の「伝達」から「共有」を目指します。

・日本語学習者が日本語を学ぶのと同時に、もう一方の情報共有相手、 
 つまり私たち日本人も努力すべきです。
 共通の目的は「コミュニケーションを円滑にする」こと。

・今後さらに進むグローバル化の中で、日本語とはハイコンテクストな言語で 
 あるということを私たち日本人が認識をしましょう。
 その上で外国人との言語コミュニケーション
に臨むことが重要だと考えます。

・外国人との共存のため、我々が自分の言語を見つめ直しませんか。

10階建のマンションを想像してみてください。

1階には日本語ノンネイティブ
10階には私たちネイティブ
1階と10階では互いの声は届きにくいです。

「階を上がれば見える景色は違う」
そう考えて努力します。
また努力することを相手に期待します。

私たちが階を降りる
こういう選択肢はないのでしょうか?

 

①高度外国人材への日本語レッスンの提供 

 

 ・ビジネス日本語

    ・BJT対策

 ・専門分野に関する語彙・表現

 ・JLPT対策(N3〜N1)

 

②外国人材を雇用している企業様への研修

 

こんな企業様に…

 ・採用時、日本語力の判定ができない(資格だけで判断するのが不安)

 ・外国人材とのコミュニケーションがうまく取れない

 ・指示を理解していないと感じることが多い

 ・日本語が原因で業務に支障が出てしまっている

 ・意思の疎通がうまくいかないことで人間関係や社内環境に影響している

 ・採用コストに見合う定着率とは言えない。離職率が高い

 ・学習カリキュラム作成、学習管理をして欲しい